HOME > サクソバンクのミニコース

ミニコース

サクソバンクのFXは、デンマークの金融庁に許可を受けた銀行の子会社で、FXの上級者が多く支持しています。高い約定力を持ち、サブプライムローンの問題が発生した時でさえもダウンしなかった強固なシステムを持ちます。

通貨ペアは約150という多さです。このことで、一部の通貨の下落から大きな損害を受けるといった危険も,分散投資をすることで回避することができます。

また、大口の取引をできるということも魅力のうちの一つとなっています。使い勝手のいいSAXOTRADERは、過去データも検証できるなど分析の機能が豊富で、厳重なセキュリティーによって守られています。

毎日取引のためのヒントが配信され、それをもとにして瞬時に発注することも可能です。サクソバンクには、スタンダードコース、FXCHOICEコース、ミニコースと3つのコースが存在します。

スタンダードコースはFXの経験者やよくFXを利用する人にお勧めのコースで、FXCHOICEコースは多くの資産を持ち多額の取引をしたい人にお勧めです。

ミニコースは、取引通貨ペアは約23で、他のコースと違い豊富な取引通貨ペアを運用することができません。しかし、売買の手数料がかからず、初回入金額にも制限がなく、初心者向けのFXと言えます。

手数料が無料といっても気になるのはスプレッドです。サクソバンクのミニコースのスプレッドは目標値という形で表示されています。

あくまでも目標値ですから、この目標値よりも多少大きくなると考えた方が良いでしょう。23種類の主要通貨を扱えるサクソバンクのミニコースですが、日本とアメリカのドルについては、スプレッドが固定されていますので、他の通貨に比べてスプレッドの変動による影響を受ける心配が少ないと言えます。

このような例は、他のFXではあまり見ないのですが、日本の円とアメリカドルから取引を始めて他の通貨にも移行していく方法をとることもできます。そういった始め方ができるところも、FX初心者にとっては取りかかりやすいところでしょう。

サクソバンクのミニコースは現在終了をしています。他のコースを参考にして下さい。

ミニコースの公式サイトはこちら

マネーパートナーズ

業界の中でも最低取引通貨単位となる、100通貨単位から取引を行える点が魅力となるのが、マネーパートナーズとなります。まずは取引に慣れてみたいと考えている人にとっては、どのFX会社の中でも一番少ないリスクで取引を始める事が出来る点がマネーパートナーズのメリットとなっています。スプレッド縮小キャンペーンを始め、口座開設キャッシュバックのキャンペーンなど、多くのキャンペーンが頻繁に行なわれています。

マネーパートナーズ
FXトレーディングシステムズ

FXトレーディングシステムズ社が提供をしているFXサービスである、FXブロードネットでは、2つのサービスが用意をされています。1000通貨単位で取引が可能なブロードライトコースと、ブロードコースになります。通常、こう言った1000通貨単位で取引を行う口座の場合には、取引手数料が発生したり、他のコースと比較をしても取引通貨ペアが減ってしまったりしますが、同一のサービス内容となっているので、満足感を感じる事が出来ると思います。スプレッドは変動制となりますが、低水準で提供をされています。

FXトレーディングシステムズ
ひまわり証券(ひまわりFX)

ひまわり証券で提供されているひまわりFXは、FXサービスの中でも老舗のサービスとなっています。それぞれの立場に応じた口座も用意をされているので、初心者から上級者まで、レベルに応じて取引を行う環境が用意をされています。またWebセミナーに関しても、業界の中でもトップレベルに揃っているので、初心者の人にはFXを学習する環境として、かなり高いレベルとなっています。また、自動取引システムとして高い人気を誇っているエコトレについても、ひまわりFXで提供をされているサービスとなります。

ひまわりFX
DMM.com証券

DMM FXはDMM.com証券で提供をされているFXサービスとなっていて、FX会社のサービスとしては後発の部類に入りますが、非常に低水準なスプレッドによって、今では多くの人が口座開設をしていてトレードが行なわれているサービスとなっています。月間取引金額についてもトップとなりました。システム面に関してはベテラントレーダー達の間では物足りないと言う声もありますが、トレード専門の口座として人気が高くなっています。

DMM FX
外為オンライン

多くの初心者がまずは口座開設をしていると言うケースが多いのが、外為オンラインになります。人気の理由としては、口座開設数が業界の中でもトップなのに加えて、初心者には嬉しい、豊富なコンテンツが用意をされている点になります。当然、口座開設をしておく事によって、これらの用意をされているコンテンツのほとんどが無料で利用をする事が出来る点からも、魅力の多いサービスとなっています。

外為オンライン
SAXO BANK

強靭なシステムを提供しているのが、世界的な金融会社となるSAXO BANKになります。口座は初心者用のとミニ口座から専門に行っているプロレベルの人が使用するプロコースといくつか用意されているので、自分のレベルに応じて口座開設が可能となっています。サクソバンクのミニコースは現在終了をしています。

サクソバンクFX
みんなのFX

米ドル/日本円のスプレッドは0.3銭の原則固定(時間制限有り)となっているのがみんなのFXのサービスとなります。自分の取引した分のデータを非常に見やすいデータとして視覚化する事も可能となっているので、すでに取引をしている人でも、これから取引を考えている人、どちらにも使いやすい内容となっています。

みんなのFX
GMOクリック証券

インターネット専業証券会社の中では、イマイチ感が出ていたのは今は昔となります。FXの分野においては積極的なプロモーション、そして安定したシステムと驚異的に狭いスプレッドを生かして、今ではFX分野だけではなく、金融商品の取引会社としても一定以上の存在感を持ち始めた会社がGMOクリック証券となります。

GMOクリック証券
ページトップへ