HOME > フィリップ証券のミニ口座

ミニ口座

フィリップ証券は香港の4大証券会社のひとつであり、FX以外にもアジアの株式市場で先物商品取引や金融派生商品取引を行っています。最近は証券会社が増えすぎたために競争が激しくなり、証券会社の統合が起こっています。

フィリップ証券はFROMEAST証券、アイ・トレードFX、岡地などがFX業者から撤退した後を引き受けているのです。最近では、日本ではレバレッジが最大で25倍までという規制を受けているので、その規制を受けない外資系のFX業者に流れる人も多くいます。

フィリップ証券も外資系なので規制を受けないのかと思うと、どういうわけか規制を受けています。外資系だから高いレバレッジだと思って口座を開いたら、そうではなかったということにもなるので注意しましょう。

口座は「普通口座」と「ミニ口座」がありましたが、普通口座の方が取り扱い休止となっています。ミニ口座ではなくて普通口座がないと不利になると考える方もいますが、ミニ口座は一般的な口座と同じレベルです。

その内容は、初回の最低入金額が30,000円、取引単位は10000通貨単位となっています。フィリップ証券のホームページを見ているとあっさりとしたものであり、あまり充実はしていません。

マーケットニュースが配信されている程度であり、情報提供が少なくなっています。情報提供のためのブログも、2011年3月からは更新されていません。

通貨ペアは23種類と豊富ですが、スプレッドについてもスワップについても月並みです。手数料が無料なところがうれしいぐらいです。

それでも、長所もいろいろとあります。注文の方法が充実していて、中でもトレール注文が評価されています。

また、取引期間中のカスタマーサポートを電話だけでなくチャットやブログでも行ってくれるので、心強い味方になります。チャットの内容をコピー、ペーストするといった使い方もすることができます。

取引のためのツールは、多くの外資系の業者が使っている「WinTrader」というものです。なかなか軽快に動き、操作もしやすいところが長所です。

マネーパートナーズ

業界の中でも最低取引通貨単位となる、100通貨単位から取引を行える点が魅力となるのが、マネーパートナーズとなります。まずは取引に慣れてみたいと考えている人にとっては、どのFX会社の中でも一番少ないリスクで取引を始める事が出来る点がマネーパートナーズのメリットとなっています。スプレッド縮小キャンペーンを始め、口座開設キャッシュバックのキャンペーンなど、多くのキャンペーンが頻繁に行なわれています。

マネーパートナーズ
FXトレーディングシステムズ

FXトレーディングシステムズ社が提供をしているFXサービスである、FXブロードネットでは、2つのサービスが用意をされています。1000通貨単位で取引が可能なブロードライトコースと、ブロードコースになります。通常、こう言った1000通貨単位で取引を行う口座の場合には、取引手数料が発生したり、他のコースと比較をしても取引通貨ペアが減ってしまったりしますが、同一のサービス内容となっているので、満足感を感じる事が出来ると思います。スプレッドは変動制となりますが、低水準で提供をされています。

FXトレーディングシステムズ
ひまわり証券(ひまわりFX)

ひまわり証券で提供されているひまわりFXは、FXサービスの中でも老舗のサービスとなっています。それぞれの立場に応じた口座も用意をされているので、初心者から上級者まで、レベルに応じて取引を行う環境が用意をされています。またWebセミナーに関しても、業界の中でもトップレベルに揃っているので、初心者の人にはFXを学習する環境として、かなり高いレベルとなっています。また、自動取引システムとして高い人気を誇っているエコトレについても、ひまわりFXで提供をされているサービスとなります。

ひまわりFX
DMM.com証券

DMM FXはDMM.com証券で提供をされているFXサービスとなっていて、FX会社のサービスとしては後発の部類に入りますが、非常に低水準なスプレッドによって、今では多くの人が口座開設をしていてトレードが行なわれているサービスとなっています。月間取引金額についてもトップとなりました。システム面に関してはベテラントレーダー達の間では物足りないと言う声もありますが、トレード専門の口座として人気が高くなっています。

DMM FX
外為オンライン

多くの初心者がまずは口座開設をしていると言うケースが多いのが、外為オンラインになります。人気の理由としては、口座開設数が業界の中でもトップなのに加えて、初心者には嬉しい、豊富なコンテンツが用意をされている点になります。当然、口座開設をしておく事によって、これらの用意をされているコンテンツのほとんどが無料で利用をする事が出来る点からも、魅力の多いサービスとなっています。

外為オンライン
SAXO BANK

強靭なシステムを提供しているのが、世界的な金融会社となるSAXO BANKになります。口座は初心者用のとミニ口座から専門に行っているプロレベルの人が使用するプロコースといくつか用意されているので、自分のレベルに応じて口座開設が可能となっています。サクソバンクのミニコースは現在終了をしています。

サクソバンクFX
みんなのFX

米ドル/日本円のスプレッドは0.3銭の原則固定(時間制限有り)となっているのがみんなのFXのサービスとなります。自分の取引した分のデータを非常に見やすいデータとして視覚化する事も可能となっているので、すでに取引をしている人でも、これから取引を考えている人、どちらにも使いやすい内容となっています。

みんなのFX
GMOクリック証券

インターネット専業証券会社の中では、イマイチ感が出ていたのは今は昔となります。FXの分野においては積極的なプロモーション、そして安定したシステムと驚異的に狭いスプレッドを生かして、今ではFX分野だけではなく、金融商品の取引会社としても一定以上の存在感を持ち始めた会社がGMOクリック証券となります。

GMOクリック証券
ページトップへ